近況

アニメ, ベン 10, モーターシティ, ヤング・ジャスティス, 総合 1 Comment »

相変わらず左手親指は治療中。

ヤング・ジャスティスはなんだかスーパーボーイとミス・マーシャンがいちゃらぶでお父さん許しません。この地球外妊娠が(妊娠してません)

で、スパイというのはやはり・・・

アルテミスが萌えるわー! 人間くさくていい。仲間がやられたかも!と勘違いしたときの表情とか。そんでもってチェシャはお姉ちゃんだったのね。

ベン10オムニバースは、見る側が慣れてきたのか、面白くなってきました。バディものとして会話が秀逸だし。あの後輩がすなおにベンを尊敬しているのが面白い。

モーターシティも再開。やはり安定して面白いな。アクションがきれてるし。

at 20:26:37

お知らせというか

総合 3 Comments »

最近ブログが滞っておりますが、利き手の親指を痛めているためです。

イボが出来て皮膚科で液体窒素で焼いてるんですが、指先なもんだからこれが超いてえ。

at 22:42:07

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。【千葉】

アニメ, 小説 No Comments »

うちは略さないで行こうと思ってます。だから何と聞かれたら困ってみせます。

千葉ネタが濃いんですよね-。こちとら船橋在住なのでニヤニヤしながら読んでますが、千葉出身の著者さんからすれば俺なんかにわかですよ。MAXコーヒーネタがねえ。千葉の人はそんなにMAXばっか飲んでるわけじゃ無いけどね。

ららぽーとも海浜幕張もガンガン出てくる。ちらっとうちの会社も見切れたりなんかして。

原作の方で、一個だけ気になったのがカルフール。もうありませんよー! だいぶ前に無くなりました。

カルフールはフランスのスーパーマーケットチェーンで、日本では幕張に店舗がありました。よく会社からコーヒーの粉を買いに行ってた。しかし業績不振により、ブランドだけをイオンに売却し、名前だけカルフール、実質イオンで営業してました。しかし契約満了により2010年を3月をもってカルフールブランドも消滅、店舗はイオンに変わりました。

幕張はイオンの本社があるのでイオン系が強いのよね。ミニストップも2件くらいある。

あ、あと幕張の三井アウトレットはそのうちなくなるらしいよ。土地の契約が切れるんだって。そのかわりといっちゃなんだが、いま海浜幕張の東京よりの土地でガンガン工事してるのはイオンモール。

at 20:21:50

僕は友達が少ない【小説編】風雲急

アニメ, 小説 No Comments »

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/book_detail/438

でもって原作である小説の方に目を向けると、これ個人的には非常に興味深い、面白い構成になった!と感じました。えっ、構成?

その話は後で書くとして。

この作品、よくあるハーレムラブコメの変化球と見せかけて、実はアンチハーレムな作品だったように感じます。作中でも主人公が「ハーレムラブコメの主人公なんて、なれるものならなってみてえよ!」と叫ぶシーンがあり、そんな風に周囲の人間関係をハッピーにしたくても、できない葛藤を見せてます。

「友達が出来ない」主人公・羽瀬川小鷹の周囲に、やはり何らかの理由により友達が出来ない、6人の(なぜか)美少女(ばかり)が集まって、日々友達作りに奮闘するものの、この作品で言う「残念な」パーソナリティーが災いして、おかしな方向に話が転がるコメディであり、ゆる系日常青春もの、のように当初は描かれていました。

しかしながら作者は周到に伏線をひいており、単なるコメディでは無い青春ものとして、最新8巻のカタルシスに持っていく構成が見事。

まあちょっと、後付けじゃ無いの?と思わなくもない豪腕が見え隠れはしますが・・・
恐らく読者がいだくであろう、「彼ら彼女ら自身が友達じゃ無いの?」というツッコミがストーリー展開とシンクロし、8巻のラストに持っていったと。

で、僕が注目したのはそこじゃない。前置き長い!

at 18:04:34

僕は友達が少ない【アニメ編】

アニメ, 小説 No Comments »

さて、ライトノベル原作アニメ2本目は「はがない」でございます。
正確には2期「僕は友達が少ないNEXT」も含めて。

http://www.haganai.net/

学校で浮いている羽瀬川小鷹は、ある時いつも不機嫌そうな美少女の三日月夜空が一人で楽しげに喋っているのを目撃する。「もしかして幽霊とか見える人?」「友達と話していただけだ。エア友達と!」「(駄目だこいつ…)」小鷹は夜空とどうすれば友達が出来るか話し合うのだが、夜空は無駄な行動力で友達作りを目指す残念な部まで作ってしまう。しかも何を間違ったか続々と残念な美少女達が入部してきて―。みんなでギャルゲーをやったりプールに行ったり演劇をやったり色々と迷走気味な彼らは本当に友達を作れるのか?アレげだけどやけに楽しい残念系青春ラブコメディ誕生。(Amazonより)

at 17:45:59

やはり俺の青春ラブコメはまちがっているを観ている

アニメ, 小説 3 Comments »

何年かに1回のスパンで何らかの作品にハマるわたくしですが、珍しく日本のアニメにハマっております。

その一つ、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」。

http://gagaga-lululu.jp/gagaga/oregairu/index.html

http://www.tbs.co.jp/anime/oregairu/index-j.html

通称「俺ガイル」もしくは「はまち」。先に苦言を行っておくと、略せないなら略しなきゃ良いのに。そこ日和りすぎ。

が、これ作品としては素晴らしい。個人的にはここ数年ではベスト1にあげてもいいです。あげさせてくださいお願いします。

原作本も最新7巻まで読破。なんといっても原作が素晴らしい。というか原作が素晴らしい。ちなみに、初めてiBookstoreで電子書籍を購読しました。その辺はまた別の機会に語りましょうか。

Amazonの紹介文によりますと。

 孤独に負けず。友達もなく、彼女もなく。青春を謳歌するクラスメイトを見れば「あいつらは嘘つきだ。欺瞞だ。爆発しろ」とつぶやき、将来の夢はと聞かれれば「働かないこと」とのたまう―そんなひねくれ高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学校一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」。さえない俺がひょんなことから美少女と出会い…どう考えてもラブコメ展開!?と思いきや、雪乃と八幡の残念な性格がどうしてもそれを許さない!繰り広げられる間違いだらけの青春模様―俺の青春、どうしてこうなった。

at 16:58:54


Powered by WordPress : WordPress 日本語版 4.8.1 | WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン