俺ガイル 8巻

小説 No Comments »

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫)

著者/訳者:渡 航

出版社:小学館( 2013-11-19 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,132

文庫 ( 359 ページ )

ISBN-10 : 4094514538

ISBN-13 : 9784094514537


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

著者/訳者:渡 航

出版社:小学館( 2013-11-19 )

定価:

Amazon価格:¥ 679

文庫 ( 359 ページ )

ISBN-10 : 4094514511

ISBN-13 : 9784094514513


↑↑↑ Amazonアフィリエイト

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」最新8巻が発売日に到着、アマゾングッジョブ。というわけで早速読みました。 7巻のほろ苦い結末を経て、ハッピーエンドを期待するのも無理はないが、そこはやっぱ俺ガイル。一筋縄ではいきません。 長くなりますがネタバレ上等で感想を。未読の方はUターンでひとつ。検索で来たのならあきらめてー。

at 21:02:07

モナミは宇宙を終わらせる?

小説 No Comments »

モナミは宇宙を終わらせる? We are not alone! (カドカワ銀のさじシリーズ)

著者/訳者:はやみね かおる

出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2013-02-28 )

定価:

Amazon価格:¥ 4,622

単行本 ( 287 ページ )

ISBN-10 : 4041103010

ISBN-13 : 9784041103012


↑↑↑ Amazonアフィリエイト

読了。今作も面白かった!

風呂敷がさらに広がって、宇宙人まで登場しますけど、ジュブナイルでファンタジーな本作においては、面白みを失わない荒唐無稽さで良かった。こっちも映画化してくれ!

なんと言ってもキャラクターが生き生きしている。モナミ、ルナ、丸男、ナル造……前作の人気キャラ達が、まんま活躍してくれるのがうれしい。

さて、次回は何を終わらせるのでしょう? 宇宙までいっちゃったからなあ……

at 20:54:16

モナミは世界を終わらせる?

小説 No Comments »

モナミは世界を終わらせる? (銀のさじ)

著者/訳者:はやみね かおる

出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2011-09-27 )

定価:

Amazon価格:¥ 4,622

単行本 ( 254 ページ )

ISBN-10 : 4048742574

ISBN-13 : 9784048742573


↑↑↑ Amazonアフィリエイト

はやみねかおる著「モナミは世界を終わらせる?」読了。面白かった! 誰かこれをアニメ映画化してください! 実写でも良いけど。アニメ関係者の方! 略してアニ関! 略する必要は全くなかった。

超絶究極ドジッ娘モナミの引き起こす騒動がバタフライエフェクト?的に世界情勢に反映してしまうというお話。最終的には地球存亡の危機に・・・日本を代表する(と僕は思っている)ジュブナイル作家はやみねかおるの新境地ファンタジー!

お茶の間感覚・学園もののテイストでありつつ世界的視野のお話、そして「個人が世界に影響することなどありえない」という世捨て人的諦観に反旗を翻した、というと大げさかも知れないけど、「一人で何かやってもムダ」にアンチするパワーがあって楽しかった。

実は次作「モナミは宇宙を終わらせる?」が気になっていて、それには前作である本作がある事を知って買ったのでした。さあ、次は「宇宙~」を読むどー!

at 20:57:10

パスワード 渦巻き少女

パスワード・シリーズ, 小説 No Comments »

パスワード 渦巻き少女 -風浜電子探偵団事件ノート(28)「中学生編」- (講談社青い鳥文庫)

著者/訳者:松原 秀行 梶山 直美

出版社:講談社( 2013-09-13 )

定価:

Amazon価格:¥ 734

新書 ( 304 ページ )

ISBN-10 : 4062853817

ISBN-13 : 9784062853811


↑↑↑ Amazonアフィリエイト

秋の読書週間に入りましたさかえさんですよ。積ん読がたまっているので、ようやく読書時間が出来た今、どんどん読んでいくのだ。

パスワードシリーズ最新作。どうも近作はパッとしない、というか成熟期に入って新鮮みも発展性もないというのが正直なところ。それでも今作はパスワードらしいハートウォーミングな良作でした。

ただ、タイトルにもある渦巻き少女にもっとフォーカスしていくべきだったんじゃないかなあ。シリーズとしては主役であるマコトたち風浜探偵団を中心に書くのはとうぜんなんだろうけど、渦巻き少女ことYOKOの描き込みが足りない。父親も含めてもっとマコトたちと並列になるくらい描写した方が感情移入もしやすかったと思う。後半での再登場が唐突な感を受ける。

レイさんが僕のレイさんに戻っていて良かった-。最近はどういうんだろう、作者の分身にでもなったというか、分別くさいというか説教くさい教条キャラになってたような気がするので。レイさんには大人の魅力と、好奇心の虜たる少女性をもったキャラでいて欲しい。

あと、やっぱラブラブネタは俺にはキッツイ。読者の要望も多いんだろうけどね。子供向け作品は、恋愛要素に傾注しすぎると先細る傾向があると思うので、よほどうまく書かないと柔軟性のない作品になりがちだしね。

そろそろ作品としての賞味期限が終息に近づいてるのかな・・・そんな気もした最新作でした。

at 22:03:38

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。【千葉】

アニメ, 小説 No Comments »

うちは略さないで行こうと思ってます。だから何と聞かれたら困ってみせます。

千葉ネタが濃いんですよね-。こちとら船橋在住なのでニヤニヤしながら読んでますが、千葉出身の著者さんからすれば俺なんかにわかですよ。MAXコーヒーネタがねえ。千葉の人はそんなにMAXばっか飲んでるわけじゃ無いけどね。

ららぽーとも海浜幕張もガンガン出てくる。ちらっとうちの会社も見切れたりなんかして。

原作の方で、一個だけ気になったのがカルフール。もうありませんよー! だいぶ前に無くなりました。

カルフールはフランスのスーパーマーケットチェーンで、日本では幕張に店舗がありました。よく会社からコーヒーの粉を買いに行ってた。しかし業績不振により、ブランドだけをイオンに売却し、名前だけカルフール、実質イオンで営業してました。しかし契約満了により2010年を3月をもってカルフールブランドも消滅、店舗はイオンに変わりました。

幕張はイオンの本社があるのでイオン系が強いのよね。ミニストップも2件くらいある。

あ、あと幕張の三井アウトレットはそのうちなくなるらしいよ。土地の契約が切れるんだって。そのかわりといっちゃなんだが、いま海浜幕張の東京よりの土地でガンガン工事してるのはイオンモール。

at 20:21:50

僕は友達が少ない【小説編】風雲急

アニメ, 小説 No Comments »

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/book_detail/438

でもって原作である小説の方に目を向けると、これ個人的には非常に興味深い、面白い構成になった!と感じました。えっ、構成?

その話は後で書くとして。

この作品、よくあるハーレムラブコメの変化球と見せかけて、実はアンチハーレムな作品だったように感じます。作中でも主人公が「ハーレムラブコメの主人公なんて、なれるものならなってみてえよ!」と叫ぶシーンがあり、そんな風に周囲の人間関係をハッピーにしたくても、できない葛藤を見せてます。

「友達が出来ない」主人公・羽瀬川小鷹の周囲に、やはり何らかの理由により友達が出来ない、6人の(なぜか)美少女(ばかり)が集まって、日々友達作りに奮闘するものの、この作品で言う「残念な」パーソナリティーが災いして、おかしな方向に話が転がるコメディであり、ゆる系日常青春もの、のように当初は描かれていました。

しかしながら作者は周到に伏線をひいており、単なるコメディでは無い青春ものとして、最新8巻のカタルシスに持っていく構成が見事。

まあちょっと、後付けじゃ無いの?と思わなくもない豪腕が見え隠れはしますが・・・
恐らく読者がいだくであろう、「彼ら彼女ら自身が友達じゃ無いの?」というツッコミがストーリー展開とシンクロし、8巻のラストに持っていったと。

で、僕が注目したのはそこじゃない。前置き長い!

at 18:04:34

僕は友達が少ない【アニメ編】

アニメ, 小説 No Comments »

さて、ライトノベル原作アニメ2本目は「はがない」でございます。
正確には2期「僕は友達が少ないNEXT」も含めて。

http://www.haganai.net/

学校で浮いている羽瀬川小鷹は、ある時いつも不機嫌そうな美少女の三日月夜空が一人で楽しげに喋っているのを目撃する。「もしかして幽霊とか見える人?」「友達と話していただけだ。エア友達と!」「(駄目だこいつ…)」小鷹は夜空とどうすれば友達が出来るか話し合うのだが、夜空は無駄な行動力で友達作りを目指す残念な部まで作ってしまう。しかも何を間違ったか続々と残念な美少女達が入部してきて―。みんなでギャルゲーをやったりプールに行ったり演劇をやったり色々と迷走気味な彼らは本当に友達を作れるのか?アレげだけどやけに楽しい残念系青春ラブコメディ誕生。(Amazonより)

at 17:45:59

やはり俺の青春ラブコメはまちがっているを観ている

アニメ, 小説 3 Comments »

何年かに1回のスパンで何らかの作品にハマるわたくしですが、珍しく日本のアニメにハマっております。

その一つ、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」。

http://gagaga-lululu.jp/gagaga/oregairu/index.html

http://www.tbs.co.jp/anime/oregairu/index-j.html

通称「俺ガイル」もしくは「はまち」。先に苦言を行っておくと、略せないなら略しなきゃ良いのに。そこ日和りすぎ。

が、これ作品としては素晴らしい。個人的にはここ数年ではベスト1にあげてもいいです。あげさせてくださいお願いします。

原作本も最新7巻まで読破。なんといっても原作が素晴らしい。というか原作が素晴らしい。ちなみに、初めてiBookstoreで電子書籍を購読しました。その辺はまた別の機会に語りましょうか。

Amazonの紹介文によりますと。

 孤独に負けず。友達もなく、彼女もなく。青春を謳歌するクラスメイトを見れば「あいつらは嘘つきだ。欺瞞だ。爆発しろ」とつぶやき、将来の夢はと聞かれれば「働かないこと」とのたまう―そんなひねくれ高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学校一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」。さえない俺がひょんなことから美少女と出会い…どう考えてもラブコメ展開!?と思いきや、雪乃と八幡の残念な性格がどうしてもそれを許さない!繰り広げられる間違いだらけの青春模様―俺の青春、どうしてこうなった。

at 16:58:54

パスワード 暗号バトル

パスワード・シリーズ, 小説 No Comments »

パスワード 暗号バトル-風浜電子探偵団事件ノート(27)「中学生編」- (講談社青い鳥文庫)

著者/訳者:松原 秀行 梶山 直美

出版社:講談社( 2012-12-11 )

定価:

Amazon価格:¥ 734

新書 ( 288 ページ )

ISBN-10 : 4062853248

ISBN-13 : 9784062853248


↑↑↑ Amazonアフィリエイト

パスワードシリーズ新作。早くに購入してましたがやっと読めました。

まあ、今回はストーリーがあまり進むということはなく、時々刊行されるパズル中心のお楽しみシリーズ。でも、ちゃんとドラマがあってラストでほっこりさせるところはさすが。

ただ、キャラクターが類型的すぎるかな・・・児童文学ならこんなものかな・・・

あと、このところ気になっていた、妙に分別くさいというか、いろんなものに説教したげな感覚を得るのがちょっと興ざめ。考えすぎと言われればそれまでだけど。

at 21:47:18

群青院

パスワード・シリーズ, 小説 1 Comment »

パスワード 終末大予言-風浜電子探偵団事件ノート(26)「中学生編」- (講談社青い鳥文庫)

著者/訳者:松原 秀行 梶山 直美

出版社:講談社( 2012-07-13 )

定価:

Amazon価格:¥ 778

新書 ( 328 ページ )

ISBN-10 : 4062852993

ISBN-13 : 9784062852999


↑↑↑ Amazonアフィリエイト

パスワードシリーズ最新作ですよ。

今回は前作に続いて流川幻水の企みが明らかになり、それにほんろうされるレイさんの話が主軸。そこに、陸上をやめて古武道に身を投じたみずきの、ちょっとした空回り、こんなはずじゃなかった的焦燥感がからんできます。

at 22:25:05


Powered by WordPress : WordPress 日本語版 4.8.1 | WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン