Windows 11 PC & モニター買った

PC No Comments »

RZBOX 5800Hとともに4Kモニターディスプレイも買っていたのでした。

https://www.lg.com/jp/monitor/lg-27up600-w

かなり散財しているようですが、こちらもセールで安かったし、今のモニターもパソコンも10年選手でしたから。RZBOXだと4K(3840×2160)で60Hz表示ができます。拡大率を200%にすると2K相当の拡大率に高精細画像で見やすい。目への悪影響も低下しそう。

このモデルは上位モデルに比べるとスタンドが簡略化されているのですが、ウチはもともとVESAアームを使っているので関係ありません。

Mac miniも4Kで表示出来ますが、ウチのMac miniは2014年式なので4Kだと30Hzでしか表示出来ないのですよ。動画を見るのでなければ特に問題はありませんが、ちょっと無理してる感も否めません。M2 Mac miniでも出ないかなと思ってますが、円安で値段が上がっちゃうだろうから厳しいですね。ただし、M1 Macbook Airをつなげば、4K/60Hzで表示出来るし、まあいいかなと思ってます。

at 18:12:46

Windows 11 PC買った

PC No Comments »

https://www.chuwi.com/jp/product/items/Chuwi-RZBox.html

いずれ導入などと言っていたWindows PC、結局買ってしまいました。CHUWI RZBOX 5800H。

Amazonのセールで安かったのでボーナス投入してしまいました。自身初のWindows 11でありRyzenです。

お値段の割に性能は良さげだし、見た目もカッコイイ。これまでMac上の仮想マシンで使っていたWindowsですが、再びリアルのPCになりました。今までは他にモバイルと据え置きで各1台ずつWindows PCを持っていたのですが、この1台に統合しました。モバイルはMacbook Airがあるし。

ちょっとずつ環境を作っています。

at 20:05:40

MacBook Air M1買った(2)

PC, アップル, エレクトロニクス No Comments »

Macを買うのはほぼ5年振り。ノートのMacに至ってはiBook以来です。Macは今使っている設定やアプリケーションなどを新しいMacにごっそり移行することも可能なのですが、今回は思うところあって一から設定とアプリケーションのインストールをやることにしました。IntelからM1に移行することもありますが、長年引き継いだ設定を一回きれいにリセットしてみようという考えです。

ちなみに旧Macは2014年モデルのMac miniなのですが、こちらもしばらく使います。こちらにはWindowsの仮想マシンも入っているので。M1になってからMac上では普通のWindowsや仮想マシンを(実用として)使えないので。したがってWindowsマシンはいずれ独立して導入しようと思いますが、しばらくは仮想マシンのまま残します。

https://gigazine.net/news/20220609-m1-windows/

かと思えば、上記のニュースのようにM1上でWindowsを動かそうと言う動きもあるみたいです。これが新しいBootcampとなるのか、仮想マシンとなるのかは分かりませんが、この動向も見守っていこうと思います。

at 21:02:03

MacBook Air M1買った(1)

PC, アップル, エレクトロニクス No Comments »

MacBook Air M2が出たばかりというのに、今や旧モデルとなったM1のほうを買いました。とはいえ同じ事を考えた人は少なくないはず。

MBA M2の新型は本国でも少し値上げしたのですが、ご存じの通りかなり円安が進んでいるので、このタイミングでAppleのレートも更新。MacBook Air M2は旧Proなみに価格が上がってしまい、MBA M1も価格改定されました。

が、家電量販店やPCショップの在庫分についてはまだ旧価格のまま売っているようで、ネットショップ含めかなり売れているようです。まあ、量販店の在庫分は価格改定前に仕入れたものでしょうし、改定前の原価で値上げ後の値段で売るのはさすがに支持されない、というところでしょうか。

私が買ったときも店によっては特定の人気色のものなどは売り切れていました。私は希望のシルバーでストレージ512GBモデルが買えたので良かった。

at 20:51:55

デルのキーボード買った

PC No Comments »

PayPayのポイントがコツコツたまっていたところに、AmazonでPayPay支払いができるようになったので、在宅勤務用のキーボードを買い替えました。マイクロソフトのキーボードも良かったんですけどね。

DellのワイヤレスキーボードとマウスのセットKM7321W。写真はUSA配列ですけど、もちろんJIS配列です。

ネット上の評判が良かったので買ってみたのですが、打ちやすいしタッチもいい。ミスタイプが減りました。マウスはこれまで使っていたマイクロソフトのが気に入っていたので、最悪マウスだけ今まで通りというのも考えたのですが、意外とこれも良かったので使ってみます。動作が軽すぎるマウスって好みじゃないので、マイクロソフトはその点が良いんだけど、最近のマイクロソフトはいいマウスがないんだよなあ。

at 19:38:16

WZ Editor Mac版出た!

PC No Comments »

Macのテキストエディタに、なかなか気に入ったものがなかったのですが、なんとWindowsで愛用しているWZ EditorのMac版が出ていました!

さっそく体験版を使ってみたら、まったくWindows版と同じ使い心地。これはイイとばかりに購入しました。

まあ、純粋なMacユーザーには不満があるだろうなあ、というものではあるんですけどね。見ての通り、アプリケーションのウィンドウにメニューバーが付いているなんてMacの作法に反するし。

わたくしとしては長年WZ Editorを使ってきたので、これで満足だし、ありがたい。使い方を体が憶えている感じ。文章を書くのに集中出来る。今後も継続して欲しいですね。

WZ Editor for Mac 日本語テキストエディタ

at 17:10:59

Apple Musicハイレゾに対応した

エレクトロニクス, 音楽 No Comments »

Apple Musicが2021年6月、ハイレゾに対応してからしばらくたちますが。

うちのミニコンポ、ONKYO CR-N775がもともとハイレゾに対応していたので、いつかは聴けるようにしたかったのですよ。

このたび、Fiio BTA30 Proを導入したのでした。

Fiio BTA30 Pro

MacのUSBアウトプットをBTA30 ProのDACモードで直結。ここでMacの【アプリケーション】-【ユーティリティ】の【Audio MIDI設定】を起動。

Audio MIDI設定

Fiio BTA30 ProのフォーマットをApple Musicのロスレスハイレゾ(192.0kHz/24bit)に合わせて192.0kHzに設定。32ビットに合わせておいて問題ないようです。

BTA30 ProをCR-N775に光デジタルケーブルで繋ぐと、ちゃんと192kHzでリンクしました。

まあ、ハイレゾがどうこう言うほど自分はそんなに耳が良いわけでは無いのですが、マイルス・デイビス「Kind of blue」をロスレスハイレゾで聴くと、スッキリ見通しがいいというか、音と音の間に風通しの良い空間があるというか、自然な空気感があっていいですね。

ドナルド・フェイゲン「The Nightfly」2曲目の「Green Flower Street」は通常版とハイレゾ版ではイントロの長さが違う(ハイレゾ版の方が長い)のですが、ちゃんと長いバージョンになっているのが面白い。

at 22:36:18

モバイルバッテリー買った

エレクトロニクス No Comments »

スマホ用にモバイルバッテリーを買いました。

Enelife エネライフ: モバイルバッテリー

https://www.amazon.co.jp/dp/B08BF9BWHC/ref=cm_sw_r_tw_dp_AGRFN9TN87Z6TAG6QS27?_encoding=UTF8&psc=1

今まではコンビニで売っているようなものを持っていたのですが、自分の理想に近いものをAmazonで見かけたので買ってみました。

まあ、要は面倒くさがりなのでモバイルバッテリーも「充電」も「給電」もワイヤレスで、というものが理想だったんですね。バッテリー自身もQiなどのワイヤレスで充電出来て、バッテリーからスマホへの充電もワイヤレスで、という。

過去には2機種ほど、そういうものを見かけたのですが、今ではさっぱり見なくなりました。技術的に問題があったのでしょうか。

で、この機種はそういう仕様では無いものの、バッテリーへの充電は専用ドックで行うというものなのです。昔のケータイみたいに、帰宅したらバッテリーを専用ドックに立てれば充電出来る気軽さ。そしてバッテリーからスマホへはQiでワイヤレスで充電出来ます。なお、ケーブルで充電も給電もできます。

専用ドックに立てたモバイルバッテリー
ゴツめのケースに入れたiPhone 11と並べると、スマホと同じくらいのサイズで重さもけっこうあります

さらに、ドックに立てかけたバッテリーにスマホを重ねれば、スマホとバッテリーを同時に充電出来ます。スタンド式のワイヤレス充電器としても使えるわけです。

重ねているのを見せるためにわざとずらして置いています

なお、ドックの電源はUSB Type-Cで繋ぐのですが、電源アダプタとケーブルは付属していないので要注意。PD給電に対応しているので良きアダプタとUSB-Cケーブルを用意すればいいのですが、ドックにUSB Type-Aの出力ポートが2つついているので、バッテリーへの充電と出力ポートからも給電する場合はそれなりの出力の電源アダプタが必要となります。

うちの場合はモバイルバッテリーへの充電だけで十分なので、余っていた電源アダプタを使用しました。どうもアダプタを選ぶような噂もあるので、そこだけは注意が必要かも知れません。

at 19:11:01

オペル・アストラスポーツツアラー良さげ

クルマ・バイク No Comments »

日本市場への復活が決定しているオペルですが、アストラスポーツツアラーが格好いいので紹介したいと思います。

opel オペル astra アストラ sports ステーションワゴン ツアラー WAGON ステランティス グループPSA Opel Astra Sports Tourer
at 18:16:45

パサートヴァリアントと並んだ

クルマ・バイク, ゴルフ・ヴァリアント No Comments »

先日、駐車場でとなりにパサートヴァリアントが並びまして。

(夜だったのと人様のお車ですので写真は撮りませんでした)

先代パサートヴァリアントだったのですが、ゴルフ8ヴァリアントとほぼ同じ大きさに見えたんですよ。

で、調べてみました。さすがに先代パサート(7代目)のほうが大きかった。

まずは、ゴルフ8ヴァリアントの大きさは、全長×全幅×全高=4640×1790×1485mm、ホイールベース(WB)=2670mm。

パサートの現行機種は8代目ですが、

8代目: 全長×全幅×全高=4770×1830×1480mm、WB=2790mm。

7代目: 全長×全幅×全高=4770×1820×1535mm、WB=2710mm。

6代目: 全長×全幅×全高=4775×1820×1515mm、WB=2710mm。

5代目: 全長×全幅×全高=4670×1740×1490mm、WB=2700mm。

4代目: 全長×全幅×全高=4600×1715×1500mm、WB=2630mm。

つまり1988〜1997年生産の4代目が現行ゴルフヴァリアントより小さく、5代目以降は大きいというわけです。やはりパサートは上位車種、ゴルフがサイズ的に追い抜くには四半世紀かかったのですね。

余談ですが、2代目パサートって正規輸入されなかったのですが、このヴァリアントが今見ると格好いい。名車と名高い2代目ゴルフにはヴァリアントは存在しませんが、もしあったとしたらデザインがこんな感じかも、というイメージなのです。これを今乗るとお洒落かもしれませんが右ハンドルが存在しないのが残念。でも英国版があるのかな? ちなみに2代目パサートのセダン版はサンタナの名で日産がノックダウン生産してました。ヴァリアントも作ってくれれば良かったのに。

at 22:31:14


Powered by WordPress : WordPress 日本語版 6.0.2 | WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン