冬アニメ視聴感想

アニメ No Comments »

2014年1~3月期アニメは久しぶりに複数本視聴したわけですけれども、このほど最終回を迎えたいくつかがすばらしかったので感想を。

ウィッチクラフトワークス

超良かった。 近来まれにみるほどの原作忠実度、セリフの一つから小ネタに至るまで一字一句完璧に原作に忠実という驚きの作品だったわけですが、その上ですんごい面白かった。 原作マンガは既読ですが、原作の良さを生かした上でさらにテレビアニメーションとして上質の出来だった。 最終回のエピローグだけが、ちょっと原作とは違う流れになったけど(メインのストーリーは改変無し)、それは原作が今も続くシリーズであり、アニメはここで最終回、という違いを考えれば、こうなってしかるべき、それでいて原作を逸脱しない見事な終わり方だった。 今後、「原作に忠実」のバイブルにしてほしい出来。脚本、演出、作画、アフレコの全てにうならされた。

ノラガミ

ボンズの本領発揮! の素晴らしい作品でこれも面白かった。あきさせないテンポ、キャラの内面をえぐるドラマ、キレキレのアクションと見所満載だった。 このレベルで作られると、原作者冥利に尽きるだろうな……

未確認で進行形

4コママンガ原作のアニメ。シリーズ中もずいぶん楽しませてもらったけど、中でも最終回が素晴らしく良かった! マジで涙が出そうになったくらい。 こちらも基本的には原作に忠実で、なおかつ作画が良くて見ていて楽しかった。 最終回は原作のエピソードを上手く再構成再構築したオリジナルの展開だったけど、ぐっと来る感動作となった。原作では未だ見せ場のない白夜君が、こちらでは見せ場満載でかっこよかった。キャラの心情が上手い演出で描けていて、心に迫る良作でしたわん。 OP、EDの曲がポップで良かったなあ。劇伴も良かったし音楽が素晴らしかった。

3作に共通するのは、全てマンガ原作で出版社がスポンサーという、おそらく原作を売るためのタイアップ、ハガレン型のビジネスモデルだったのでしょう。原作の魅力を生かすことが命題という意味で、スポンサーの制約が少なかったんだろうな、功を奏したんだろうなと考えました。

at 22:39:15

Parallels Desktop 仮想マシンでWindows 8.1 アップグレード

PC, アップル, エレクトロニクス No Comments »

備忘録的に書いておきます。

うちのメインPCは、2011年のMac miniにParallels DesktopでBootcamp領域のWindowsを呼び出してるんですが、これをWindows 8から8.1にアップグレードしようとして、長らくできなかったんですね。

最初はWindows 7を入れてあって、アップグレードでWindows 8に上げたものだったので、8.1に上げるのもWindowsストアから普通にできるものと思ってたのですが。どうもWindows 8でいろいろ環境って変更になってるらしく、仮想マシンからストア経由で、と言うのができなかった。

at 18:29:34

マイ・ラスト・ソニーVAIO

PC No Comments »

IMG_0085

http://www.sony.jp/vaio/products/f13a1/

ソニーVAIO Fit 13Aを購入しました。

ご存じの通り、ソニーがPC部門を売却するため、ソニー名義のVAIOは2014春モデルが最後。購入したのは、安かったので1世代前のFit 13Aですが、ハードウェアは最新モデルと同じものです。今使ってるノーパソも古くなってたし、ラストソニーならば買っちゃうかと、ね。

ディスプレイがくるりんとまわってタブレットモードになるギミック。ノーパソとしては軽いけどタブレットとしては重い。俺史上初のSSDパソコンですが速い速い! 今まで使ってたノーパソは7年前のモデルなので当然か。キーボードの打ち心地も含めて実にVAIOっぽい。気に入りました。

モニタがタッチ対応なのに、普通のタッチパッドばかり使ってモニタに手が伸びないのは旧世代PC使いの性(笑)。

以下、VAIOの思い出。

at 21:54:22

ラッシュ見た

映画 No Comments »

いや、編集前のフィルムを見たわけじゃ無くてね。

http://rush.gaga.ne.jp/index.html

↑↑↑ ラッシュ/プライドと友情

1976年のF1というと黙ってはいられない。おいらが初めてF1に興味を持った年だから。まあそれはおそらく、日本初のF1世界選手権が開催された年だからというミーハーなる理由と思うけど。

ジェームス・ハントVSニキ・ラウダの、最終戦までもつれ込む接戦、ドイツGPでのクラッシュ炎上によるラウダの重傷、そして奇跡的復帰。語り出すときりが無いことが、この映画を見れば一発で分かる、そんな映画です。

F1界には、アイルトン・セナとアラン・プロストのいわゆるセナプロ対決を初め、ミハエル・シューマッハとデーモン・ヒルなどのように確執話があとを絶たない。ハントとラウダはその走りとも言えるのだけど、映画における友情と尊敬で結ばれた関係というのは、初耳だった。もっとも、ラウダ曰く「この映画の正確性は80パーセント」ということだし、真実は分からない。でも、こうであればいいな、と思ったオールドファンのおいらなのでした。

大火傷から復帰すべく地獄のリハビリを、痛いほど描写していて、その手の痛い映像が苦手な人にはキツイかも知れないけど、70年代のF1シーンが、おいらの知る限りでは雰囲気まで丁寧に再現されてて、F1ファンにも映画ファンにも見てもらいたい名作です。

at 20:05:26


Powered by WordPress : WordPress 日本語版 4.8.1 | WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン