Dialogue

音楽 No Comments »

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

↑↑↑ Amazonアフィリエイト

今井美樹による松任谷由実カバー。

たぶんおいらを知る人には、意外だと思われるチョイスだと思う。

正直、おいらは、「松任谷由実は荒井由実の爪の垢(以下略)」と言ってるくらいなので(やだなあ、同一人物だよーとか素で言われる。知ってるって)、もともとあまり聴かないのです。いや、別に苦手だというわけではなく、かといって関心が無いというわけでもなく、強いて言えばキライだと(こらこら)

松任谷正隆のファンなんだけどね、おいら。

いっぽう今井美樹はといえば、これはもう自信を持って言える、まったく興味ない。

なのに、このアルバムは気に入ったのです。二人のいいところが合わさって、悪いところが消し合った感じかな。プロデュースとかアレンジがいいんだろうな。

at 20:46:21

ジゼル・アラン 4

マンガ No Comments »

ジゼル・アラン 4 (ビームコミックス)

著者/訳者:笠井スイ

出版社:エンターブレイン( 2013-10-15 )

定価:

Amazon価格:¥ 670

コミック ( 203 ページ )

ISBN-10 : 4047292214

ISBN-13 : 9784047292215


↑↑↑ Amazonアフィリエイト

1年4ヶ月ぶりの新刊。なんでしょう、掲載誌の情報は知らないのでわかりませんが、掲載誌そのものが変わったこともありインターバルが空いたと言うことなのでしょうか。

まあいいや、待望の4巻は感動落涙の1冊でありました。

「さあ、皆様にご紹介です。我らが小さな仲間達、カミラ・アダーテ!」

もうね、マンガ読んで泣いたのは何年ブリでしょうか。このシーンの感動たるや。

何でも屋ジゼルの新しい仕事は、サーカス団の子守。女丈夫の団長パウラの幼い長女カミラは、いつかサーカスの舞台に立つ夢を、母である団長に禁じられている。人知れず玉乗りの訓練に精を出すカミラに、ジゼルは協力を申し出る。だが、団長はそれを快く思わない。サーカスは近々、解散する。子供達には、もっとまともな人生を歩んでもらいたい……

それでもカミラに肩入れするジゼルは、ついに子守役から外されてしまう。そんな中、サーカス解散の予定を知った団員達のいさかいに、公演は開催の危機に。そんな大人達を救ったのは、小さなカミラだった……

絵に描いたようなハッピーエンドなのに、嘘くさくならないドラマ性にうなる。

そして一方、有名作家のゴーストライターという、華やかな地獄に捕らわれたエリックの葛藤。自らの夢を削り続ける出口無しの迷宮に壊れそうなエリックの元を訪れるジゼルだが、今のエリックはジゼルに逢うほどの精神的余裕はない。幾多のすれ違いと逃避の果てに、ついにエリックの胸に一直線に飛び込むジゼル……で、つづく!

「立って、手を振らなきゃカミラ。あんたのお客さんだよ」

at 18:56:04

モナミは宇宙を終わらせる?

小説 No Comments »

モナミは宇宙を終わらせる? We are not alone! (カドカワ銀のさじシリーズ)

著者/訳者:はやみね かおる

出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2013-02-28 )

定価:

Amazon価格:¥ 15,262

単行本 ( 287 ページ )

ISBN-10 : 4041103010

ISBN-13 : 9784041103012


↑↑↑ Amazonアフィリエイト

読了。今作も面白かった!

風呂敷がさらに広がって、宇宙人まで登場しますけど、ジュブナイルでファンタジーな本作においては、面白みを失わない荒唐無稽さで良かった。こっちも映画化してくれ!

なんと言ってもキャラクターが生き生きしている。モナミ、ルナ、丸男、ナル造……前作の人気キャラ達が、まんま活躍してくれるのがうれしい。

さて、次回は何を終わらせるのでしょう? 宇宙までいっちゃったからなあ……

at 20:54:16


Powered by WordPress : WordPress 日本語版 4.8.4 | WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン