たまる一方のタワーレコードのポイントを使ってみようということで、「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」のブルーレイを買ったといううわさです。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

↑↑↑ Amazonアフィリエイト

いやあ、ブルーレイはいいね。やっと家庭のオーディオビジュアルにおいて「映画を観てる」感覚が味わえるレベルに来たと思う。DVDくらいまでは、まだ「映画のテレビ上映」の感じだった。

円谷がTYOに買収されたときは、「もはやミニチュアワークの時代じゃない。これからはCGだ」とかTYOのえらいさんに言われて、大丈夫か円谷!と思ったけど、まあこのレベルならいいかな、と思いました。「大怪獣バトル」の第一シーズンはまだまだかな、と思ったけど、第二シーズンでかなり良くなったし、この映画でもちゃんと「着ぐるみ特撮」の伝統芸能的怪獣ものになっていて、特に不安はなかった。

ただ、やはり海外の特撮もの、CGものに比べると、CG映像の「厚み」が全然足りないかな。まあしょうがないとはいえる。この手の作品にかけられる予算が段違いだし。でもやっぱり、CGくさい、グリーンバック合成くさい画作りになってしまって、ちょい残念だな。アニメ的というか、金子ガメラ的というか。

画作り自体も、パワーレンジャーの坂本監督ということもあって、円谷っぽくはない、やはり東映っぽいというかパワーレンジャー。引きの絵でレール移動カメラとか使わないとウルトラ的じゃない。日本は日本らしく、円谷は円谷らしくでいけば良いと思うんだけど、現経営陣としてはそこを打破したいんでしょうな。世界マーケットで勝負したい、ハリウッドを向こうに回したいという野望があるのでしょう。それはそれでかまわないし、この作品の画作りはダメということはない。

なにより「地球に来た巨大異星人ウルトラマン」ではなく、この作品においてのウルトラマンはホームグラウンドで活動しているわけで、地球人が地球で活動しているのと同列の感覚で描こうとしたのかもしれない。ウルトラマンの等身大アクション。

量産型ウルトラマン多数登場(笑) みんなカラータイマーないんだね。だって「地球上で急激に消耗するエネルギーのサイン」だから無くて良い・・・あれ? でもウルトラマンゼロにはあるよね?

見せ場は一杯作ってあるし、ファンサービスも豊富。ウルトラ好きのマニアックな興味にもしっかりこたえてあって(なつかしのコアな設定満載)、良くできた映画だと思います。変に構えたメッセージ性もないけど、しっかりメッセージは込められていると思います。

が、どうにも違和感アリアリなのは、やはりウルトラマンゼロかなあ。キャラクター的には良いと思うんですよ。地球に派遣される以前の、未熟者、問題児ウルトラマン。これまでにもタロウやメビウスのように未熟なウルトラマンの成長物語ってものはあったのだけど、ゼロはまだウルトラ戦士としても自覚が足りない、ただ強いだけという設定。だから「ゼロ」。

だけど、この作品においては、どうにも立ち位置的に違和感あり。ウルトラの星の危機というイベントに、大怪獣バトルのキャラクターたちがクロスオーバーして・・・という筋立てはうまくハマってるとおもうけど、そこにウルトラマンゼロがハマってこない。ゼロの存在意義がもうひとつ弱いんでしょうね。

メビウスたちの危機的状況に、レイの暴走とピンチ・・・盛り上げ方はうまいんだけど、そこに加わるゼロがちょっとデウスエクスマキナぎりぎりだった。ゼロのドラマがメビウスやレイたちと絡まなすぎるのかな? 「セブンの息子」という設定を秘密にしないで、最初から父と息子の軋轢と葛藤で描いちゃうとか・・・それはありがちすぎるか。メビウスとゼロはめちゃくちゃ犬猿の仲にするとか(優等生メビウスへのゼロの嫉妬とか、自覚の足りないゼロはあのメビウスが唯一許せないヤツとか)。あるいはレイブラッドとゼロの絡みを入れて、レイとの因縁を演出するとか。ベリアルに続いてレイブラッドが目を付けたのがゼロ。ただベリアルで失敗しているので、自身の後継者にもくろんでいるレイとゼロを一心同体(つまりハヤタとウルトラマン)にしようと・・・つまり、レイとゼロとメビウスという歯車を、ドラマの上でかみ合わせたいんですよ。

いやそれは96分の映画では盛り込みすぎか。この長さくらいがちょうどいいし、子供向けにはあまり物語の要素が多すぎるのはうまくない。むずかしいなあ。

演出的には、ラストの「レイオニクスであるレイだからギガバトルナイザーを操れるはず」という流れが燃えたゼ。

というわけで、やや練れていない感じはうけるものの、マンネリに陥りがちなウルトラを、旧来のファンを切り捨てることなく新しい表現に向かおうとしている点はイイ方向に進んでいるとおもうし、楽しめました。現在はパチンコのフィールズが親会社である円谷プロ、もちょっとお金も時間もかけてくれるといいんじゃないでしょうか。その皮切りとしてはイイ映画だしょ。

ゼロのデザインはウルトラじゃないなあ。サバトの牡山羊というか仮面ライダーぽい。表情はガンダム。ブレストファイヤー(笑)はワザというより武器的であまりスキじゃない。