テレビ用スピーカー導入

エレクトロニクス No Comments »

オッス! オラ、ソニック!

ヘッジホッグじゃなくて!

http://www.olasonic.jp/tvspeaker/twd5tv.html

ダイニングのテレビ用にスピーカーを追加していたんだけど、これがことのほか良かった。オラソニックのTW-D5TV。ちっこい卵形なんだけど、音が良い。

薄型液晶テレビって、筐体が薄くなってコンパクトになった分、スピーカーを入れるスペースが無くなり、スピーカー自体も小さくなって、音が良くなくなったんですよね。画面サイズを重視するあまり、スピーカーを正面に向けて設置するスペースが無くて、下向きに音出して反射させる、みたいな。

そこで、外付けのアンプ内蔵スピーカーを追加してみました。ヘッドホン出力につないで、音が出るときだけ電源が連動してONになるので使い勝手が良い。

なにより、もとソニーのエンジニアが作った会社だけに、音がイイんですよ。重低音とか大迫力とかは期待出来ませんが、耳に優しい、聞きやすい音質で。ドラマやニュースなどで、人の声が聞き取りやすい。

しかもオーディオスピーカーのように、鳴らし込めば鳴らし込むほど音が良くなってきて、なんつーか瑞々しい音質。

あまりに良いので、和室のテレビ用にも買っちゃいました。おすすめ。

at 22:00:22

ナスネ導入

エレクトロニクス No Comments »

和室のテレビにつないでいた古いレコーダーが調子悪かったので、Nasneに置き換えてみました。Vita TV持ってたんでレコーダー買うより安上がりだし。

Vita TVから操作すると、最新レコーダーよりもさくさく操作できるのでこれはいいな。ディスクへの書き出し保存とか考えないなら、これで録っちゃ見でいいって感じ。

欲を言えば、Vita TV経由で見るとフルハイビジョンで録ってあっても、再生解像度720pでだいぶ落ちるんだよな。見た目で分かるくらい。アップデートして1080i対応になるとかならないかな。

なお、テレビがソニー製なので、DLNA/DTCPーIP対応、テレビから直にNasne内の録画を見られるけど、Vita TV経由でみた方が遙かに便利。PS3用のBluetoothリモコンで操作できるし。

at 23:12:19

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

アメコミ, マンガ, 映画 No Comments »

http://studio.marvel-japan.com/blog/movie/category/captain-america2

見てきました。と言っても4月公開日の翌日には見てたんですけどね。

いやあ、アメリカンドンパチの典型ですね。個人的にはカーアクション映画大好きなので、その点でも見応えあったわー。

でも、あれね。あまりアクション激しいと見る方もストレスなのね。もー終始、心臓バクバクな感じで、これ小さいお子さんやお年寄りは考慮した方がいいかもね。

ウィンター・ソルジャーの正体は、まあ、原作アメコミ既読の方にはバレバレだったんでしょうけど、ちょっと和製ヒーローもの的なドラマがなかなか良かった。

ファルコンがかっこいい! 役者もイケメンだし、ストーリーへのからみ方も無理がない。若いけど退役軍人で、現場で親友を亡くしたというキャップとの共通点とそこから生まれる友情とか、その経験を生かした軍人向けカウンセラーという立ち位置、それらが上手く組み合わさって、ヒーローものの嘘くささがない。

欲を言えば、二重スパイ疑惑もあったブラックウィドウがやけに真摯でしおらしかったり、どいつもこいつも「いつ寝返るか分からん」くせ者ばかり、誰が敵で味方か分からん! という状況で、一番裏切りそうな彼女が最後までキャップの味方で、キャップもそれを疑っていないというのは無理があったかな。

何より、主役はこいつだろうっていうニック・フューリーの豪腕ぶりが素晴らしい。さすがはアメコミオタクのサミュエル・L・ジャクソン。アメリカの江田島平八郎。

at 22:51:29

はなーみ2014

総合 No Comments »

毎年恒例、長津川調節池公園の花見でやす。

IMG_1356

at 19:18:33

冬アニメ視聴感想

アニメ No Comments »

2014年1~3月期アニメは久しぶりに複数本視聴したわけですけれども、このほど最終回を迎えたいくつかがすばらしかったので感想を。

ウィッチクラフトワークス

超良かった。 近来まれにみるほどの原作忠実度、セリフの一つから小ネタに至るまで一字一句完璧に原作に忠実という驚きの作品だったわけですが、その上ですんごい面白かった。 原作マンガは既読ですが、原作の良さを生かした上でさらにテレビアニメーションとして上質の出来だった。 最終回のエピローグだけが、ちょっと原作とは違う流れになったけど(メインのストーリーは改変無し)、それは原作が今も続くシリーズであり、アニメはここで最終回、という違いを考えれば、こうなってしかるべき、それでいて原作を逸脱しない見事な終わり方だった。 今後、「原作に忠実」のバイブルにしてほしい出来。脚本、演出、作画、アフレコの全てにうならされた。

ノラガミ

ボンズの本領発揮! の素晴らしい作品でこれも面白かった。あきさせないテンポ、キャラの内面をえぐるドラマ、キレキレのアクションと見所満載だった。 このレベルで作られると、原作者冥利に尽きるだろうな……

未確認で進行形

4コママンガ原作のアニメ。シリーズ中もずいぶん楽しませてもらったけど、中でも最終回が素晴らしく良かった! マジで涙が出そうになったくらい。 こちらも基本的には原作に忠実で、なおかつ作画が良くて見ていて楽しかった。 最終回は原作のエピソードを上手く再構成再構築したオリジナルの展開だったけど、ぐっと来る感動作となった。原作では未だ見せ場のない白夜君が、こちらでは見せ場満載でかっこよかった。キャラの心情が上手い演出で描けていて、心に迫る良作でしたわん。 OP、EDの曲がポップで良かったなあ。劇伴も良かったし音楽が素晴らしかった。

3作に共通するのは、全てマンガ原作で出版社がスポンサーという、おそらく原作を売るためのタイアップ、ハガレン型のビジネスモデルだったのでしょう。原作の魅力を生かすことが命題という意味で、スポンサーの制約が少なかったんだろうな、功を奏したんだろうなと考えました。

at 22:39:15

Parallels Desktop 仮想マシンでWindows 8.1 アップグレード

PC, アップル, エレクトロニクス No Comments »

備忘録的に書いておきます。

うちのメインPCは、2011年のMac miniにParallels DesktopでBootcamp領域のWindowsを呼び出してるんですが、これをWindows 8から8.1にアップグレードしようとして、長らくできなかったんですね。

最初はWindows 7を入れてあって、アップグレードでWindows 8に上げたものだったので、8.1に上げるのもWindowsストアから普通にできるものと思ってたのですが。どうもWindows 8でいろいろ環境って変更になってるらしく、仮想マシンからストア経由で、と言うのができなかった。

at 18:29:34

マイ・ラスト・ソニーVAIO

PC No Comments »

IMG_0085

http://www.sony.jp/vaio/products/f13a1/

ソニーVAIO Fit 13Aを購入しました。

ご存じの通り、ソニーがPC部門を売却するため、ソニー名義のVAIOは2014春モデルが最後。購入したのは、安かったので1世代前のFit 13Aですが、ハードウェアは最新モデルと同じものです。今使ってるノーパソも古くなってたし、ラストソニーならば買っちゃうかと、ね。

ディスプレイがくるりんとまわってタブレットモードになるギミック。ノーパソとしては軽いけどタブレットとしては重い。俺史上初のSSDパソコンですが速い速い! 今まで使ってたノーパソは7年前のモデルなので当然か。キーボードの打ち心地も含めて実にVAIOっぽい。気に入りました。

モニタがタッチ対応なのに、普通のタッチパッドばかり使ってモニタに手が伸びないのは旧世代PC使いの性(笑)。

以下、VAIOの思い出。

at 21:54:22

ラッシュ見た

映画 No Comments »

いや、編集前のフィルムを見たわけじゃ無くてね。

http://rush.gaga.ne.jp/index.html

↑↑↑ ラッシュ/プライドと友情

1976年のF1というと黙ってはいられない。おいらが初めてF1に興味を持った年だから。まあそれはおそらく、日本初のF1世界選手権が開催された年だからというミーハーなる理由と思うけど。

ジェームス・ハントVSニキ・ラウダの、最終戦までもつれ込む接戦、ドイツGPでのクラッシュ炎上によるラウダの重傷、そして奇跡的復帰。語り出すときりが無いことが、この映画を見れば一発で分かる、そんな映画です。

F1界には、アイルトン・セナとアラン・プロストのいわゆるセナプロ対決を初め、ミハエル・シューマッハとデーモン・ヒルなどのように確執話があとを絶たない。ハントとラウダはその走りとも言えるのだけど、映画における友情と尊敬で結ばれた関係というのは、初耳だった。もっとも、ラウダ曰く「この映画の正確性は80パーセント」ということだし、真実は分からない。でも、こうであればいいな、と思ったオールドファンのおいらなのでした。

大火傷から復帰すべく地獄のリハビリを、痛いほど描写していて、その手の痛い映像が苦手な人にはキツイかも知れないけど、70年代のF1シーンが、おいらの知る限りでは雰囲気まで丁寧に再現されてて、F1ファンにも映画ファンにも見てもらいたい名作です。

at 20:05:26

マイティ・ソー/ダーク/ワールド

映画 No Comments »

http://www.marvel-japan.com/movies/thor/

↑↑↑ マイティ・ソー/ダーク・ワールド

昨日ですけど、みてきました。

場所はシネマイクスピアリ。近所にTOHOシネマズがあるのになぜかイクスピアリでみることが多いさかえさんです。見たい映画を見たい時刻で選ぶとなぜかこうなっちゃう。

いやー、面白かった。アベンジャーズ関係ではどちらかというと知名度も低めなソーですが、脚本がいいのか楽しくみられた。

ロキ、やっぱいいなあ! 映画のロキは原作やアニメの、狡猾なだけの小者感がなくて、計り知れない悪の匂いがしてイイ! 単なる「圧倒的な悪」では無く、葛藤が深い、人間くさいキャラなんだよなあ……何というか、「好かれる悪役」「惹かれる悪役」なんだよ。

裏切るぞ、裏切るぞと思ってみてたら、ほら裏切った! と思わせられ、でもそれすらミスリードだったという……

ナタリー・ポートマン大好きなんだけど、本作のジェーン役は野暮ったいというか人間くさい。ナタポといえば浮き世離れしたというか神々しいというか、スターウォーズやブラックスワンのような俗世と隔絶した、さかえイメージではオードリー・ヘップバーン的な女優さんなんだけど、本作の彼女はすごく血が通った、息づかいを感じる人間として描かれる。良くも悪くも。

ラストはやっぱり「らしい」終わり方で、これは楽しい。

さて、宣伝フィルムでは早くもキャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャーも流れてて、これも楽しみ!

at 19:02:13

BMW 4シリーズ・グランクーペ

クルマ・バイク No Comments »

BMW 4 Series Gran Coupe_P90141807

http://carview.yahoo.co.jp/article/scoop/101951/

↑↑↑ Yahoo Carview

BMW 3シリーズのクーペモデルが今モデルから「4シリーズ」を名乗ることになり、BMWでは今後、奇数シリーズ(1、3、5、7)がセダンorハッチバック、偶数シリーズ(2、4、6)がクーペモデルとなります。おのおの小さい方の番号をベースにするため、4シリーズは3シリーズベースのクーペというわけです。

すでに4シリーズの2ドアクーペモデルは日本でも発売されていますが、このたび本国ドイツで、4シリーズ・グランクーペが発表されました。

at 19:15:21


Powered by WordPress : WordPress 日本語版 5.8.3 | WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン