マイティ・ソー/ダーク/ワールド

映画 No Comments »

http://www.marvel-japan.com/movies/thor/

↑↑↑ マイティ・ソー/ダーク・ワールド

昨日ですけど、みてきました。

場所はシネマイクスピアリ。近所にTOHOシネマズがあるのになぜかイクスピアリでみることが多いさかえさんです。見たい映画を見たい時刻で選ぶとなぜかこうなっちゃう。

いやー、面白かった。アベンジャーズ関係ではどちらかというと知名度も低めなソーですが、脚本がいいのか楽しくみられた。

ロキ、やっぱいいなあ! 映画のロキは原作やアニメの、狡猾なだけの小者感がなくて、計り知れない悪の匂いがしてイイ! 単なる「圧倒的な悪」では無く、葛藤が深い、人間くさいキャラなんだよなあ……何というか、「好かれる悪役」「惹かれる悪役」なんだよ。

裏切るぞ、裏切るぞと思ってみてたら、ほら裏切った! と思わせられ、でもそれすらミスリードだったという……

ナタリー・ポートマン大好きなんだけど、本作のジェーン役は野暮ったいというか人間くさい。ナタポといえば浮き世離れしたというか神々しいというか、スターウォーズやブラックスワンのような俗世と隔絶した、さかえイメージではオードリー・ヘップバーン的な女優さんなんだけど、本作の彼女はすごく血が通った、息づかいを感じる人間として描かれる。良くも悪くも。

ラストはやっぱり「らしい」終わり方で、これは楽しい。

さて、宣伝フィルムでは早くもキャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャーも流れてて、これも楽しみ!

at 19:02:13

BMW 4シリーズ・グランクーペ

クルマ・バイク No Comments »

BMW 4 Series Gran Coupe_P90141807

http://carview.yahoo.co.jp/article/scoop/101951/

↑↑↑ Yahoo Carview

BMW 3シリーズのクーペモデルが今モデルから「4シリーズ」を名乗ることになり、BMWでは今後、奇数シリーズ(1、3、5、7)がセダンorハッチバック、偶数シリーズ(2、4、6)がクーペモデルとなります。おのおの小さい方の番号をベースにするため、4シリーズは3シリーズベースのクーペというわけです。

すでに4シリーズの2ドアクーペモデルは日本でも発売されていますが、このたび本国ドイツで、4シリーズ・グランクーペが発表されました。

at 19:15:21

Audi A3セダン出た

クルマ・バイク No Comments »

Audi A3 Limousine

http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/models/a3/a3.html

↑↑↑ アウディジャパン

ニュース的には古いですが、アウディのコンパクトハッチバックA3にセダンが追加されました。

A3といえばフォルクスワーゲン・ゴルフのプラットフォームを利用したプレミアムコンパクト。そのセダンというとジェッタクラスということになりますが、僕は日本ではあまり受けが良くなかったジェッタに替わるコンパクトセダンだとにらんでおります。

ゴルフ7ベースのジェッタが、本国でも噂すら聞こえてこないので、A3セダンがその穴埋めなのかなあ、と。

このサイズは日本の道路事情では取扱いしやすいし、受けるかも知れませんね。

at 18:49:56

クザリアーナの翼

演劇 No Comments »

IMG_0064

ええ、こんな天候の中、行って参りましたよ「クザリアーナの翼」。

IMG_0072

以下ネタバレ注意。

at 22:50:22

スポーツ教育と精神力

スポーツ, 総合 No Comments »

先日、通勤時にいつも聞いているラジオで、興味深い話があった。

「高野連に所属しない高校野球部」というものだ。

https://www.tfm.co.jp/smile/reports/hyogo/20140205/

↑↑↑ HONDAスマイルミッション

その中で出てきた話題が、なかなか考えさせられるものだった。

野球部に限らず、学生スポーツ部における教育的指導、いわゆる、チームワーク、礼儀、忍耐力の修得、それには疑問があると考えさせられた。

野球部出身で、野球を通じて忍耐を学んだはずの若者が、社会に出ても忍耐強いかというと、そうでもないというのだ。彼らは、「野球以外では忍耐できない」のだとか。

好きなことや夢・希望を追いかけるのには忍耐強くても、嫌なこと、辛いこと、興味のないことには耐えられない。スポーツを通じた精神修練が実は限定的であるということらしい。

僕は常日頃から、「精神力とは、辛いことを我慢する力ではなく、好きなこととを諦めない力だ」と思っているのが、図らずも立証された思いだ。

at 20:24:17

ゼロ・グラビティ

映画 No Comments »

http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity/

↑↑↑ ゼロ・グラビティ公式サイト

映画「ゼロ・グラビティ」見てまいりました。

日本初のドルビーアトモス音響システムと大型スクリーンTCXを導入したららぽーとTokyo BayのTOHOシネマズ初体験。さすがに音響はすごかったけど、ちょっとやり過ぎ感が。ロックコンサートのPAみたいだった。

人生初の3D映画でもありました。3Dの感想は……いまいちだったなあ。いわゆる「書き割り現象」(書き割りが動いているような)に見えた。どのくらい違和感があったかというと、「ファイナルファンタジーのCGがリアルで自然」と言うくらい違和感(毒)。

映画の内容自体は、極限パニックがなかなか真に迫ってて良かった。あんなの実際に体験したらパニック現象起こすよなあ。古いアニメファンには、バイファムを思い起こさせた。

さて、来月はラッシュとマイティ・ソーを見たい。黒執事も見たいんだけどスケジュール合うかな……

at 19:28:02

日曜怒濤の4連続アニメ

アニメ No Comments »

日曜夜のTOKYO MX 4連続アニメをたまたまみてしまったのだが。

ウィッチクラフトワークス

これは面白い! マンガ原作らしいのだけど、それほど好みの内容では無いにもかかわらずアニメとしての出来が素晴らしくて見入ってしまった。水島努監督作品なのだけど、第一話の監督自らの脚本・絵コンテ・演出のすべてがいい。開始5分で話が大きく動き出すテンポの良さ、視聴者の先読みの0.1秒先を走る構成がいい。ぐいぐい引き込まれる。OP・EDテーマ曲もポップで好き。継続視聴決定。

スペース☆ダンディ

えーと、岡村靖幸の主題歌がカッコイイ。以上。

……逆に聞こう、何を語れと。

えーこれ2014年の作品なのかしら。ナベシン+近藤高光っぽい既視感は何なの。

ノラガミ

これは面白いな。伝奇ものって感じは特に新しくも無いけど、現代的で面白い切り口だと思う。

バディ・コンプレックス

ロボットもの。すごく丁寧に作られているけど、ぶっちゃけガンダムだよね。ロボットものはそろそろ「ガンダム以降」を真剣に考えないとダメだと思う。

どういうわけか、「日本のアニメに影響を受けた韓国アニメ」みたいに見えるのもなんだか気になる。キャラクターも類型的だし、次回を一応見てはみよう。

at 22:52:43

来年もよろしく

総合 2 Comments »

2013年の更新はこれでおしまいです。

今年はPixivで色々やってた一年でした。楽しかったです。

来る年の皆様のご多幸を祈念しつつ、エントリを閉じます。来年もよろしくお願いします。

at 17:01:36

大滝詠一さん逝去

音楽 No Comments »

大晦日も差し迫ってから、残念なニュースが入ってきました。

大滝詠一さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

はっぴいえんどが無ければ日本人による日本語のロックは存在し得なかったと思う。

at 16:59:27

オレ的2013年レコード大賞

音楽 No Comments »

2013年、立ち上がりは個人的にはいまいちかなーと思っていた音楽CD状況ですが、終盤になって怒濤の良作ラッシュ!

それでは今年も、行ってみよっ!

at 18:51:00


Powered by WordPress : WordPress 日本語版 6.0.1 | WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン